運動不足で筋トレをしても健康になれない理由とは?

2024年02月15日

“運動不足”から体のコリや痛みを感じていて、それを解決するためにパッと思い浮かぶのが

「ジムに通う」「腹筋や背筋を鍛えなければ」という方も多いのでは?

 

今や筋トレは健康にいい!が常識です。

確かに、健康のために筋トレはとても有効です。

 

しかし当院には、

「ジムで筋トレをしていて腰を痛めた」

「肩こり解消にパーソナルトレーニングに通っているけど良くなった感じがしない」

というような方も来られます。

 

なぜ、このように健康にいいからと始めた筋トレで身体を痛める人がいるのでしょうか?

 

そこには、”運動不足の人が筋トレを始める際に陥るワナ”があったのです。

 

実はいきなり筋トレを始めると、身体は良くなるどころか腰や首・肩の痛みなどを誘発・助長する恐れがあります。

 

というのも、運動不足の人の筋肉は柔軟性がなく硬くなっています。

筋肉に柔軟性がないということは、本来なら伸び縮みするはずの機能が低下してしまっている状態です。

 

このような状態で身体をいきなり動かそうとしても、まともに動くはずがありません。

 

何年も放置した機械が、急にスムーズには動かないのと似ています。

スムーズに動くようにするためには、まずは放置した機械の点検やメンテナンスが必要ですよね??

 

筋肉が使えない状態から→筋トレをする ×

筋肉が使えない状態から→使える状態(柔軟)にする→筋トレをする ○

 

つまり、この筋肉が使えない状態と筋トレの間にある、『筋肉を使える状態にする』ことがかなり重要なのです!

 

ここを省いてしまうから、筋トレをしても余計に悪化したり良くならなかったりするのです。

 

もし運動不足で腰痛や肩こりを治したいなら、いきなり筋トレを始めるのではく、まずは『あなたの持つ本来の動ける身体』を取り戻しませんか?

あなたの持つ本来のコンディションに戻すだけでも、肩こりや腰痛は劇的に改善します。

まずはお気軽にご相談くださいませ。

【回復力UP!】セルフストレッチの重要性とは?

2023年12月27日

 健康でいるためには「栄養」「運動」「休養」のバランスが取れていることが重要と言われています。

 

その中で、疲れた体や痛めた体を回復させるために『休養』が必要になってきます。

 

休養を具体的な行動にすると、ストレッチ・マッサージ・睡眠・入浴など。

 

この中でも、より回復力を高めるためにはストレッチを普段からしているかどうかが鍵になります。

 

 

疲労や負担が蓄積した筋肉は収縮して硬くなっていきます。

そんな筋肉をストレッチすることによって、痛みや疲労が回復しやすくなるのです。

 

 

しかし実際には、当院に初めて来られる方の9割以上が、ストレッチ習慣がないということが現実です。

 

歯の健康にとってのセルフケア習慣が歯磨きやフロス・マウスウォッシュならば、

全身の筋肉、運動機能の健康にとってのセルフケア習慣がストレッチ』になります。

 

 

あなたは歯磨きを毎日すると思いますが、ストレッチは毎日していますか?

 

腰や首・肩などの痛みに耐えられなくなって来られた方は

「普通に生活できることがどれほどありがたいと思ったことか」と言います。

 

筋肉や関節は皮膚の下にあって視覚的に認識しづらい分、悪くなっていることにも気づきにくいです。

なので、調子の良い悪いに関係なく、ストレッチを習慣にしていけば自ずと健康へとつながっていきます。

 

あなたも健康な肉体でいつまでも動き続けるために、歯磨きをするくらい当たり前に、ストレッチやセルフケアをする習慣を作りませんか?

 

 

もし、「自分に合うセルフケアがわからない」「どこをストレッチしたらいいかわからない」という方はお気軽にご相談くださいませ。

 

睡眠不足になると肩こりもひどくなる?

2023年12月2日

 

そもそも睡眠不足とは

慢性的に睡眠時間が短い人は、睡眠負債が溜まっていると考えられます。

睡眠負債が溜まっている状態のことを、医学的に「行動誘発性睡眠不足症候群」といいます。

ただの寝不足ではすまされず、睡眠障害の一種とみなされているのです。

 

睡眠負債をかかえている人の体にはさまざまな悪影響がおよんでいる可能性があります。

例えば、肥満や高血圧、糖尿病は、その代表的な例です。

最近では、がんや認知症にも関係があるといわれています。

 

 

なぜ睡眠不足になると肩こりになる?

睡眠不足と肩こりには、以下の2つの関係性が考えられます。

睡眠不足による筋肉の緊張

睡眠不足になると、筋肉の緊張がしやすくなります。

これは、睡眠不足によって、筋肉の修復や回復が十分に行われないためです。

そのため、睡眠不足の人は、肩こりなどの筋肉の痛みやこりに悩まされやすくなります。

 

睡眠不足による自律神経の乱れ

睡眠不足になると、自律神経のバランスが乱れます。

自律神経は、心拍数や血圧、体温などの内臓の働きをコントロールする神経です。

自律神経のバランスが乱れると、血行が悪くなり、肩こりなどの痛みを引き起こしやすくなります。

 

 

睡眠不足による肩こりが悪化する原因

 具体的には、睡眠不足によって以下の症状が現れると、肩こりのリスクが高まります。

 ・頭痛

・めまい

・吐き気

・イライラ

・不安

・集中力の低下

 

肩こりは自律神経と大きく関係しているのでストレスなどが引き金で悪化する可能性が高いです。

 

 

肩こりをひどくさせないために

 睡眠不足が原因で肩こりが気になる場合は、以下の対策を試してみてください。

睡眠時間を十分に確保する

 成人の場合、1日7~8時間の睡眠が推奨されています。

睡眠時間を確保することで、筋肉の緊張をほぐし、自律神経のバランスを整えることができます。

 

 姿勢を改善する

また、肩こりの原因となっている姿勢や動作などを見直すことも大切です。

例えば、長時間同じ姿勢でデスクワークをしたり、片方の肩に荷物を長時間かけたりしていると、肩こりの原因となります。

適度な運動やストレッチで、首や肩の筋肉をほぐすことも効果的です。

 

 

睡眠がもたらす5つのメリット

最後に【睡眠がもたらす5つのメリット】をご紹介します

疲労回復効果

睡眠時には成長ホルモンが分泌され、効率的に身体の疲労を解消しエネルギーを蓄積していきます。

 

記憶の定着と排除

睡眠中に脳は情報を整理し、記憶の定着を助けます。

寝る子は育つは本当です。

また、記憶の整理や不要な情報を削除(嫌な思い出)する時間でもあります。

日々学ぶことが多い人ほど睡眠の質は高くなりやすいのです。

 

脳の掃除

睡眠時は記憶の整理だけでなく、一緒に脳のゴミ(アミロイドβ)を掃除する時間でもあります。

ただし、深い睡眠が取れていないとこの掃除の効果が低くアルツハイマー型認知症の危険性などを高めます。

 

生活習慣病の予防

良質な睡眠は高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病のリスクを低減する助けになります。

実際睡眠は80を超える病と関係していると言われているため、日々の健康維持にとても重要な要素となります。

 

免疫力の向上

充足した睡眠は免疫システムの正常な機能に必要不可欠です。

睡眠中に体が抗体を産生し、炎症を抑制する働きを強化します。

これにより、感染症への抵抗力が向上し、健康を維持します。

 

 

 

このような素晴らしい睡眠効果を効率よく得るためには、睡眠の質を上げることが大切になってきます。

睡眠不足で肩こりが辛い方に向けて施術だけではなくアドバイスも行なっておりますので、ご気軽にご相談ください。

ストレートネックによる肩こり

2023年12月2日

 ストレートネックは、頭の位置が本来よりも前方にずれてしまうため、首や肩に大きな負担がかかります。

頭の重さは約5kgと言われており、ストレートネックになると頭が前に突き出るため、首や肩の筋肉が過剰に働いて、肩こりを引き起こすのです。

 

ストレートネックによる肩こりの原因

具体的には、以下の2つの理由により、肩こりを引き起こします。

 

首の筋肉の緊張

ストレートネックになると、頭を支えるために首の筋肉が緊張します。

この緊張が続くと、筋肉が緊張して肩こりを引き起こします。

 

神経の圧迫

ストレートネックになると、首の骨が正常な位置からずれ、神経が圧迫されることがあります。

神経が圧迫されると、肩や腕に痛みやしびれなどの症状が現れます。

ストレートネックは、肩こりの原因として非常に多いと言われています。

 

 

ストレートネックによる肩こりを改善するために・・・

ストレートネックによる肩こりを改善するには、首の筋肉を柔らかくして、首の骨本来のS状のカーブを手に入れることが重要です。

首の骨が正しい位置になることで、神経の圧迫も改善します。

 

 

また、ストレートネックによる肩こりがきつくなると ・頭痛 ・めまい ・吐き気 ・耳鳴り などの症状に繋がる場合もあります。

ストレートネックでお悩みの方はご気軽にご相談くださいませ。

運動不足解消に”ウォーキング”が一番いい理由とは?

2023年11月28日

『歩く』ということは、私たち人間にとって必要不可欠な動作・運動です。

 

普段から運動不足になりがちな人は最悪の場合、将来早い年齢で寝たきりになるリスクが高くなります。

というのも、歩かない→歩くための筋力が低下→歩けなくなる→動けなくなる→寝たきり」

という負のスパイラルにつながりやすいためです。

 

そこで今回は、運動不足の人にとって『ウォーキング』が一番おすすめの理由を解説していきます。

 

手軽に始められる

ウォーキングは、特別な道具や場所を必要とせず、誰でも気軽に始められる運動です。

毎日の通勤や通学、買い物などの日常生活の中で、少し歩く時間を増やすだけでも効果があります。

 

有酸素運動で脂肪燃焼に効果的

ウォーキングは、有酸素運動の一種です。

有酸素運動は、筋肉を動かすエネルギーとして酸素を使うため、脂肪を燃焼させる効果があります。

ウォーキングを継続することで、体脂肪を減らしてダイエットや体重管理に役立ちます。

 

筋力アップや骨粗しょう症予防にも効果的

ウォーキングは、全身の筋肉を使う運動です。

そのため、継続することで筋力アップや骨粗しょう症予防に効果的です。

また、歩く際には姿勢を正しく保つ必要があるため、インナーマッスルの活性化姿勢改善にもつながります。

 

ストレス解消やリフレッシュにも効果的

ウォーキングは、心身ともにリフレッシュできる運動です。

歩いていると、脳からセロトニンドーパミンなどの神経伝達物質が分泌され、気分が落ち着いたり、やる気が出たりする効果があります。

また、外を歩くことで、季節を感じたり、景色を楽しんだりすることで、気分がリフレッシュされ、ストレス発散にも効果的です。

 

継続的に行うために

運動不足な人でも始めやすいと言われるウォーキングですが、なにより継続的に行うことが大切です。

継続的に行うためにも、「毎日1時間歩く」などの高いハードルではなく、「まずは15分だけ歩いてみる」「週2回だけ歩いてみる」など、軽めのハードルからはじめて、徐々に運動量をふやすようにしてみてください。

 

一気に運動不足を解消したいなら楽トレもおすすめ

また、当院で行う『ハイボルト治療』『楽トレ(インナーマッスルトレーニング)』は、運動不足によって凝り固まった筋肉を柔らかく使えるようにしたり、効率よく鍛えることが可能です。

ウォーキングと同時進行で行うことで、より高い効果を得ることができます。

 

このように、ウォーキングは運動不足解消に効果的なだけでなく、さまざまな健康効果が期待できる運動です。

運動不足を感じている方は、まずはウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

間違えると危険!健康にいい運動の順番とは?

2023年10月12日

『身体を鍛えることは健康に良い』というのは世の常識ですが、

当院に初めて来られる患者さんの中には

 「運動不足を解消しようとしてランニングを始めたら膝が痛くなった

「健康のためにジムでトレーニングを始めたら腰を痛めた

という方もいます。

 

 

健康のため、運動不足解消のために始めた運動によって、日常生活に支障が出ていては元も子もないですよね。

 

 

ではなぜ、こういう方が多いのかわかりますか??

 

実は、大きく2つの要因が考えられます。

  

運動できる身体の状態ではない

 

運動不足の方は、運動できる身体の状態ではない場合がほとんどです。

運動できる状態とは、

・筋肉に柔軟性があり、負荷をかけたり伸ばしたりしても大丈夫な状態

・関節の動きが滑らかで、思ったように体が動かせる状態

です。

 

これができない方は、いわゆる『体がカタい』状態です。

 

 

鍛える順番、運動の順番が間違えている

 鍛える順番も重要になっています。

筋肉は、身体を『支える役割のインナーマッスル』、身体を『動かす役割のアウターマッスル』があります。

 

運動で痛みを感じる方は、インナーマッスルを鍛える前に、いきなりアウターマッスルを鍛えている方が多いです。

 

これは例えば、

壁と扉をつなぐ蝶番(インナーマッスル)が壊れかけている時に、扉(アウターマッスル)を激しく動かしている”

ようなものです。

 

この場合、まずは蝶番(インナーマッスル)を修復・強化させることが必要ですよね。

 

 

 

健康にいい運動の順番とは?

『健康』を 目的とした運動を行うなら、以下の順番を守ることが鉄則になってきます。

 

1、筋肉や関節などを、ストレッチ整体で運動できる身体にする

2、ヨガや当院でできる楽トレインナーマッスルを鍛える

3、本格的に運動(アウターマッスルを動かすこと)ができる

 

 

 

当院では痛みを取るだけでなく、『健康に運動ができる身体をつくる施術』や様々な身体の悩みを解決する『インナーマッスルのトレーニング』を行なっておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

 

『楽トレ』がもたらす驚きの効果とは!?

2023年10月2日

今回は、当院でも人気のメニュー『楽トレ』をすると、どんな効果があるのかを一覧にしてみました。

 

 

楽トレとは、インナーマッスルを鍛えることができる医療用EMSです。

 

そもそも鍛えることが難しいといわれているインナーマッスルを、寝たまま効率よく鍛える、これまでの不可能を可能にした驚きのトレーニングです。

 

 

そんな楽トレをすることで、以下のような効果が期待できます。

 

【痛み】への効果

・腰の痛みがラクになる

・ぎっくり腰を繰り返さなくなる

・頭痛や肩こりを感じにくくなる

・膝の痛みがラクになる

 

【疲労】への効果

・疲労を感じにくくなる

・疲労が回復しやすい

・デスクワークなど座りっぱなしでも疲れにくい

・長時間動いても疲れにくい

 

【見た目】への効果

・キレイな姿勢が当たり前になる

・ウエストが引き締まる

・猫背が改善される

・太りにくく痩せやすい体質になる

・骨盤、身体の歪みが改善する

 

【身体の中】への効果

・内臓脂肪を燃焼する

・高血圧、高血糖を下げる

・基礎体温(平熱)を上げる

・尿もれ、頻尿を改善する

・便の出がよくなる

 

【運動能力】への効果

・脚が上がってつまずきにくくなる

・柔軟性のある筋肉になる

・ゴルフの飛距離がアップする

・足が速くなる

・長時間動き続けられる

・階段の登り降りがラクになる

 

【その他】の効果

・朝の目覚めがスッキリする

・眠りが深くなる

・呼吸がラクになる

 

 

 

ハイボルトで治療可能な症状一覧

2023年08月28日

 

当院で行うハイボルト治療は「痛み」「しびれ」に特化した治療法で、即効性が期待でき、以下の症状が治療可能です。

 

【頚胸部】

頚椎椎間板ヘルニア

頚肩腕症候群

肋間神経痛

寝違え

むち打ち

首こり

肩こり

頭痛

 

【上肢】

五十肩

野球肘

テニス肘(外側上顆炎)

バネ指

TFCC損傷

狭窄性腱鞘炎(ドケルバン病)

突き指(指関節捻挫)

 

 

【腰背部】

腰椎椎間板ヘルニア

脊柱管狭窄症

腰椎分離症

背部痛

ぎっくり腰(急性腰痛症)

慢性腰痛

 

【骨盤・下肢】

坐骨神経痛

股関節痛

鼠径部痛(グロインペイン症候群)

オスグッド

鵞足炎

変形性膝関節症

シンスプリント

アキレス腱炎

モートン病

足底筋膜炎

足首捻挫

 

上記症状のほか、「原因不明の痛み」「定期的に繰り返す痛み」なども検査・治療が可能です。

 

 

 

お悩みのご症状がありましたら、お気軽にご相談くださいませ。

 

なぜ『インナーマッスル』が重要なのか

2023年08月18日

 

最近はテレビや雑誌などでも「インナーマッスル」という言葉をよく目にしますが、

なぜそれほどまでにインナーマッスルが重要なのか、あなたは知っていますか?

 

 

今回は、人間にとってインナーマッスルがどれだけ重要なのかを解説していきます。

 

 

そもそもインナーマッスルとは?

 

あなたはインナーマッスルと聞いてどういう筋肉か想像できますか?

よく言われるのは、「体幹の筋肉」とか「腹筋」のイメージです。

 

しかしインナーマッスルというのは、部位や場所ではなく、体の奥深くにある筋肉(深層筋)全てを指します。

なので、肩や腕、足など全身に存在しています。

 

その反対が体の表面上にあるアウターマッスル(表層筋)です。

 

つまり、インナーマッスルとアウターマッスルは部位ではなく「深さによって違いがある」ことになります。

 

インナーマッスルの働き

 

インナーマッスルは主に、①『骨格の安定性』②『長時間働く』③『内臓脂肪の燃焼』に特化した働きを持っています。

 

①骨格の安定性とは、簡単にいうと「支える」役割です。

骨格を支えバランスを取ることで、さまざまな動きを滑らかにすることができます。

 

自身の体さえも支えられない状態なると、負担が増して「痛み」「歪み」の原因になります。

  

 

②インナーマッスルは「長時間働く」(持久力)という特徴も持っています。

 

長時間働くことで良い姿勢の維持や、長時間動き続けることを可能にしています。

つまり、「見た目の美しさ」や「健康に活動し続ける」ためにはインナーマッスルが必要不可欠なのです。

 

 

③インナーマッスルは「内臓脂肪の燃焼」を促進します。

 

内臓脂肪が過剰に増えると、悪玉コレステロールが増加し、動脈硬化血栓のリスクが高くなると言われています。

 

 

インナーマッスルの重要性とは?

 

上記で述べたようなことから、インナーマッスルが低下すると

 

・猫背や姿勢の悪化

・疲れやすい、疲れが取れない

・動くことや歩行がつらくなる

・将来寝たきりになる可能性が高くなる

・肩こりや腰痛など、痛みの原因になりやすい

・メタボになりやすい

・動脈硬化や血栓など病気のリスクが高くなる

 

というような状態になりやすいです。 

それだけインナーマッスルは『健康』『見た目の美しさ』において重要なのです。

 

 

 

当院では、インナーマッスルに特化した治療やトレーニングを行っています。

今のお身体に不安やお悩みがある方はお気軽にご相談くださいませ。

 

夏の暑さに要注意!肩こりと腰痛の関連とは?

2023年08月2日

 
 
 
夏になると、気温の上昇や湿度の増加により、私たちの生活が一変しますね。
楽しいアクティビティやリラックスした時間を過ごす反面、健康上の注意が必要な点もあります。
特に、夏に気をつけたい肩こりや腰痛について、改めて考えてみましょう。
 
 
 
 
脱水が肩こりや腰痛の元凶
暑い夏は汗をたくさんかきますが、その分だけ体内の水分も失われます。 脱水状態になると、筋肉や関節の潤滑が低下し、肩こりや腰痛を引き起こす原因となります。 熱中症予防のためにもこまめな水分補給が大切です。
 
 
 
筋肉の緊張による不快感
暑さによって筋肉が緊張しやすくななることもあります。
特に首や肩の周りの筋肉は、暑さによってこわばりやすく、肩こりが悪化する可能性も。
リラックス法やストレッチを取り入れることで、筋肉の緊張をほぐすことが重要です。
 
 
 
運動不足と腰痛の関係
夏場は暑さを避けて室内で過ごすことが多くなりがちですが、運動不足は腰痛のリスクを高める要因です。 適度な運動を心がけることで、腰部の筋肉を強化し、腰痛を予防しましょう。
 
 
 
姿勢や身体の負担に注意
夏は旅行やイベントなど、日常生活のリズムが変わることがあります。
不規則な姿勢や身体の負担が増えることで、肩こりや腰痛が発生することもあります。
姿勢の意識や、体への負担を減らす工夫が大切です。
 
 
 

暑さに負けないように体調管理を

夏は楽しい季節ですが、健康を守るためにも体調管理が重要です。
こまめな水分補給や運動、ストレッチを取り入れ、姿勢や身体の負担にも気を配りましょう。
快適で健康的な夏を楽しむために、自分の体と向き合い、ケアして過ごしてみてはいかがでしょうか。
1 2 3 4