腰痛持ちは腹筋を鍛えてはいけない!本当の理由とは?

2022年05月16日

腹筋や背筋を鍛えるトレーニングは、筋トレの代名詞と言ってもよいくらいです。

 

結論を先に言えば、腹直筋を鍛える腹筋運動は腰痛を悪化させてしまうことがあるので注意が必要です。

 

いわゆる腹筋運動といえば、仰向けに寝転がり、頭の後ろに手を置いて、股関節とひざを曲げた状態で、頑張って上体を起こし上げようとするトレーニングですね。

このような腹筋運動をすると、腹直筋が緊張してかたくなります。

筋肉がかたくなるのは、縮むということです。

実は、お腹の筋肉が縮むことによって腰痛に拍車をかけてしまうのです。

 

腰痛になりやすい人は『深部にある身体を支える筋肉が弱く、姿勢が悪い』という特徴があります。

 

そんな人が腹筋運動をすることは、弱った支える筋肉に余計に負担をかけている状態です。

 

これは、扉とそれを支える蝶番の関係に似ています。

蝶番がもろくなっている時に、扉をガンガン動かすと、先に壊れるのは蝶番です。

 

つまり、支える筋肉が弱っている腰痛の方が、腹筋運動で動かす筋肉を鍛えるのは逆効果で、むしろ腰痛を悪化させてしまうのです。

 

腹直筋などの身体を動かす役割の筋肉は、普段は柔らかく、必要な時に力が入ることがコンディションがいい状態と言えます。

 

もしあなたが腰痛改善のために腹筋運動を頑張っていたとしたら、一度見直す必要があるかもしれません。

 

当院では、腰痛改善の施術はもちろんのこと、腰痛についての正しい知識についてもしっかりご説明させていただいております。

自宅でできる運動や、逆にしてはいけないことなど、ひとりひとりの腰痛に合わせて重要なポイントを伝えていますので、気になることがございましたらお気軽にご相談くださいませ。