睡眠の質を左右する3大要素とは?

2021年11月16日

 あなたの睡眠時間は足りていますか?

心地よく目覚め、日中のパフォーマンスを高めるためには、良い睡眠をとることがとても重要です。

 

アメリカ国立睡眠財団(N S F)が発表した内容では、成人に推奨される睡眠時間は7〜9時間とされています。

また、6時間睡眠を1週間続けると1日徹夜したのと同じレベルまで認知能力が低下するそうです。

 

 

妨げとなる要因は?

妨げとなる要因は、仕事や家事・育児・介護・健康状態がその理由に挙げられています。

 

 

不足する睡眠時間は、眠りの質で解消する時代

このように、現代では労働環境や生活環境から睡眠時間の減少は避けられない状況です。

不足する睡眠時間は、睡眠の質で解消しないと日中のパフォーマンスに影響します。質の高い睡眠を行えるよう環境を整えることが重要です。

働き方改革やテレワークの普及による、通勤時間の削減が睡眠時間の確保につながっていますが、コロナ禍によるストレスや不安が入眠までの時間を長くしたり、不安感から夜中に目が覚めたりするようなマイナス要因も存在します。

 

 

睡眠の質の3大要素とは

睡眠の質を左右する3大要素は、『光』『音』『安心感』です。

光や音を遮り、安心できる環境で眠ることが質を高める重要な要素になります。

これらの睡眠環境を整えることで短い時間でも質の高い睡眠を得ることができます。

 

 

質の高い睡眠のためのポイント

・ライトは暖色系の色味に

・間接照明などを利用

・アイマスクなどで光を遮る

・心地よい音楽などで生活音を消す

・リラックスのためのアロマを使用する

・安心して眠れる環境をつくる

・カラダに負担のない寝具を使う

・寝る前に軽いストレッチを行う

・入浴したあとに寝る

 

睡眠の「時間」×「質」を良くして日中のパフォーマンスアップをしていきましょう!