ぎっくり腰

  • 整形外科で明確な原因の説明がなく痛み止めを出された
  • レントゲン・MRIでは異常がないと言われた
  • 炎症が治まるまで様子を見ましょうと言われたが今も痛む
  • ぎっくり腰対策にコルセットを巻いている
  • 前かがみや、重いものを持つ動作が怖い
  • ぎっくりを繰り返す

ぎっくり腰とは、どんな時になる?どんな対処が必要?|堺筋本町のこころ整骨院

カウンセリングしている様子

ぎっくり腰は、慢性的な筋緊張による重だるい腰痛とは原因が違います。痛みの感じ方も全く違います。

原因が違うので施術法も違います。

「急性腰痛症」は、急性とつくように、ある動作をしていて、突然腰の筋肉がつったり、痛み出すタイプです。

ぎっくり腰になるきっかけは様々で、元々腰に違和感を持っていて、ごまかしながら生活を送っていて、ふとした動作で引き起こされる場合もあります。
床に落ちている物を拾おうとしたり、重たいものを持った時に起こるなど、ぎっくり腰で来られるお客様の数だけ原因があります。

ぎっくり腰になって横になっている様子

ほとんどの方は、ぎっくり腰は日にち薬だと思って、安静にすればいつか治るだろうと思っている方が多いです。
ですが、ぎっくり腰になってから普段どおりの生活に戻れるのは、2週間くらいかかることが多いです。

また、ようやく痛みが引いてきたと思っても、ぎっくり腰に近い痛みをすぐに繰り返したり、なかなか腰の違和感が取れなかったりと、時間をかけて安静にしていても、根本的にはよくなっていない方が多いです。

ぎっくり腰の原因をきちんと見極めて、適切な施術を受けることが大切です。
身体の状態にあった施術を受けることで、より早く回復を促すことができ、更に再発予防も目指すことができます。

なぜ、ぎっくり腰が起こるのか?ぎっくり腰の原因とは?|堺筋本町のこころ整骨院

ぎっくり腰の施術の様子

ぎっくり腰が起こる原因は、椎間関節捻挫(腰骨の関節捻挫)、仙腸関節捻挫、腸腰筋の損傷・炎症からです。

仕事中の猫背や、かがんだりする姿勢や、スポーツなどで筋肉の使いすぎなどにより、同じ筋肉へ負担がかかり、筋肉が緊張してしまいます。それが慢性の腰痛や、筋肉疲労の蓄積などに繋がります。
ぎっくり腰はそうした日々の積み重ねの中での、ちょっとした動きで発症します。

こころ整骨院のぎっくり腰への施術は、根本から治療を行い、ぎっくり腰を繰り返さない身体作りを行います。繰り返すぎっくり腰にお悩みの方は、国家資格を持った、こころ整骨院の私たちにお任せください。

ぎっくり腰の症状

こころ整骨院のぎっくり腰施術法

93%の方が施術後の痛みの軽減を実感されています

ぎっくり腰で医療機関で受診され、「レントゲン・牽引・湿布で痛みが何も変わらなかった」、「炎症が治まったら痛みがなくなります」などと言われ数日間、身体を動かすことができなかったことはなかったでしょうか?

当院のぎっくり腰への施術法は、「身体の中で起こっている潜在的な問題」を見つけ出し、そのポイントを集中的に施術することにより、「今感じている痛みを鎮め、繰り返さない身体の状態を完成させる」施術法です。

マッサージや痛み止めとは違います。

骨盤を支えている仙腸関節の安定化と、関連する筋肉の過緊張を寛解させることで、ぎっくり腰の強烈な痛みを軽減させます。

原因をきちんと見極めて根本から施術を行うことで、ぎっくり腰を繰り返さない身体作りを目指します。

みなさん、施術後は普通に身体を伸ばして歩いて帰られていますので、「この痛みは本当によくなるのか?」といった不安をお持ちの方も、まずはお気軽にお問い合わせください。

堺筋本町 こころ整骨院 ご予約・お問い合わせはこちら

プロの私たちにお任せください! まずはお電話にてご予約・お問合せください。 お電話こちら

TOPへ戻る