スタッフブログ

HV治療 足関節捻挫編

 

大阪市中央区

北浜 堺筋本町 淀屋橋

こころ整骨院 山本です。

 

先日、ご紹介で足の捻挫で

ご来院された方の症例をお知らせいたします。

部活をしていて強烈な内返し捻挫を起こしました。

 

前距腓靭帯が伸ばされ、炎症もありました。

かなりの腫脹がみられ、地面に足を着くことも

出来ない状態でした。

 

ハイボルト治療を行いました。

HVは「場所、方向、強さ」が違うと

効果は期待できません。

ですが、正しい知識と技術は確実な結果を

生むことが出来る治療です。

 

結果的には初日で固定を外し、松葉つえを

使わなくてよくなり、

地面に足を着地する事が出来ました。

二回目の治療で小走りが出来るようにも

なり、本人もとても驚いていました。

 

しかし、今回の治療で

『足の部位は一切さわっていません』

なので、患者さんは余計に不思議がって

いらっしゃいました。

 

この方には、足の捻挫を起こしやすい

傾向があり、現在の症状を取り除いた後は

再発しない身体の状態を作り込んでいきますと

伝えてあります。

皆さまも急性症状で痛みが強い、

慢性的な古傷でお悩みがありましたら

ご相談ください。

 

 

 

 

投稿日:2017/06/12

記事一覧

お電話こちら
TOPへ戻る