スタッフブログ

頭痛 頭皮の放散痛

大阪市中央区

北浜 堺筋本町

整体 鍼灸 こころ整骨院

院長 山本です

今日は頭痛が起こる

メカニズムのお話です

デスクワークによる慢性的な

「頭部前方方位姿勢」

で身体前面で扱う対象物に

視線を合わせようとする

姿勢により

胸鎖乳突筋の緊張

前斜角筋の緊張により

肩甲挙筋、後頭下筋の

有痛性スパズム

が発生機序となり

頭痛、頭皮の放散痛を

感じることになります

頭は6キロの重さがあるので

姿勢の悪さにより本来の位置

より前方移動することで

体後面の筋緊張が原因となり

頭痛、肩こり、腰痛が

現れることがあります

筋肉を緩めるだけでは

一時的には楽になりますが

根本治癒とはなりません

肩甲骨の動きをつけて

基礎代謝を上げることや

前に巻き込んだ肩の位置を

正しい位置に戻すことも

重要となります

一般的には頭痛はこのような

原因で起こり適切な施術を

行なうことで症状は

寛解していくのですが

頭痛には偏頭痛や

緊張性頭痛など

異なった症状があるので

正しく鑑別する必要があります

こころでは、症状の寛解の

ための詳しい検査、問診と

安全な施術を行うだけでなく

日常生活における

分かりやすい生活動作の

指導もさせていただきます

こころへ来られた患者様は

お辛い頭痛から解放され

快適な毎日をお過ごし

いただいております

頭痛でお悩みの皆様も

いちにちでも早く快適な

毎日を取り戻してください

頭痛・眼精疲労のページはこちら

投稿日:2015/11/11

記事一覧

お電話こちら
TOPへ戻る