スタッフブログ

肩関節周囲炎 ・ 五十肩

大阪市中央区 

北浜 堺筋本町

整体 鍼灸 こころ整骨院

院長 山本です

今回は肩関節周囲炎と五十肩について

解説させて頂きます。

50歳前後で生じる有痛性の肩関節疾患です。

肩がこわばった感じになりますが

半年から一年ぐらいで

症状が治まってくることが多いです。しかし、

腱板断裂や頚椎疾患との鑑別が重要です。

圧痛が初期の段階では肩の前部に感じられ、

徐々に後方に移動してきます。

洗髪動作や、後ろ手にエプロンの紐を結ぶような

動作に辛さを感じるようになってきます。

疼痛は運動時痛と夜間時痛が特徴です。

レントゲンでは異常所見は認められませんが

肩峰下滑液包造影で容量縮小がみられたり

関節内圧の上昇が強い場合があります。

また、上腕二頭筋長頭腱腱鞘の異常も考えられます。

治療は疼痛の軽減と拘縮の予防を行います。

石灰沈着性の場合は注射療法で

ステロイド入り局所麻酔薬が有効です。

圧痛が強い烏口突起、腱板疎部、

棘下筋へアプローチします。

当院では状態を把握するための

詳しい検査を行います。場合によっては

医療機関にて受診していただく事も

お伝えいたしています。

こころでの施術領域である場合は、

各関節包内運動の正常化、筋緊張寛解、

関節可動域改善などのための施術を行ないます。

肩の動きの制限や痛みは

罹患された方にしかわからない辛さです。

肩が上がらなくてお困りの方は、

一度当院にご相談ください。

投稿日:2016/04/11

記事一覧

お電話こちら
TOPへ戻る