スタッフブログ

正坐ができない

大阪市中央区 淀屋橋 北浜 堺筋本町

整体 こころ整骨院 山本です。

 

右ひざが痛くて「正坐ができない」

患者様が先日ご紹介で来られました。

膝の半月板損傷を受傷され、それ以来段々と正坐が

出来なくなったそうです。

徒手検査、HV検査を行い右膝関節の状態を確認しました。

水は溜まっていませんでしたが関節の可動域は健側に比べて

明らかに減少していました。膝の動きを常にかばっているため

主訴として、大腿の付け根に痛みを生じています。

 

当院の治療は明らかに患部に炎症、腫れなどがある場合以外は

痛みがあるところを治療部位の第一選択とはいたしません。

膝特別治療は、まず腰椎椎間関節、仙腸関節からの膝への放散痛がないか

を診ます。次いでポイントとなる〇〇筋の状態を確認します。

 

各検査でわかったことは、

右の腸骨(骨盤)が左に比べて高いこと、

若干前方変位していること、

右の肩が下がっていること、

右の股関節が開いていることでした。

しかしこれらの問題が同時に起きたことではなく

一つの事柄から発生し二次的に広がって

最終的に膝関節の半月板損傷に及んでしまったと思われます。

 

この方の原因は毎日のデスクワークによる〇〇筋の持続的な短縮により

右腸骨(骨盤)の前傾し、それが原因で広背筋(背中の筋肉)が

引っ張られて右肩が下げられています。

大腿前部(太ももの前)の筋肉の緊張で膝関節は

突っ張って曲げられなくなっています。

今回のケースでは、最初は〇〇が攣って(足の付け根が痛い原因)

いたことが最終的に膝の症状に繋がったと思います。

 

治療後は膝の痛みは半分以下、正坐は、ほぼできる状態にはなりました。

右ひざ部分に関しては、一切診ていません。

先程お話しした、痛みがあるところが原因ではなかった

ということでした。〇〇筋がキーワードということです。

(〇〇筋については治療の際にお話しいたします)

 

膝は特にデリケートな部位で、一度痛めると症状が長く続きます。

しかし、根本の原因を探し出してアプローチすることで

症状は鎮まっていきます。

 

患者様は、テニスをされていまして、膝を気にすることなく

足を踏ん張って走れることを願っています。

 

先日お伺いしたところ、脚も踏ん張れるし、腰も落として

プレーできると仰っていただきました。

 

もしも、皆さまが何の外傷もなく痛みが出ているのでしたら

自分の体の中で何が起こっているのかを知る事は重要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

リラクゼーションと治療の違いは

精度の高い検査と問診力だと思います。

特に古傷や慢性的にずっと抱えている問題は

身体の中で起こっている危険信号だと思ってください。

 

『何の外傷もないのに、半月板を痛めて正坐ができなくなった』

 

のですから。

多くの場合、日常で繰り返し使っている筋肉と使い方、姿勢です。

 

 

 

 

 

投稿日:2018/07/27

記事一覧

お電話こちら
TOPへ戻る