スタッフブログ

手足の冷え

大阪市中央区 北浜 堺筋本町

整体 こころ整骨院の山本です。

 

同じ時間、同じデスクワークのお仕事をされていて

 

手足が冷える人と、冷えない人がいらっしゃいます。

 

何故だと思いますか?

 

実は、どんな時も身体の熱を作るのは筋肉です。

 

筋トレをして、身体が熱くなるのは骨格筋の作用です。

 

ご飯を食べて、熱くなるのは内臓平滑筋の作用です。

 

では、じっとしていて手足が冷える人と冷えない人の違いは、

 

『インナーマッスルが有るか、無いかの差です。』

 

インナーマッスルは、ダンベルを意識的に持ち上げる

 

骨格筋とは違い、

 

『無意識に働いている筋肉です。』

 

デスクワークでも、インナーマッスルのある方は

 

無意識に姿勢、骨格を支え続けています。

 

ですので、インナーマッスルが有る人は、

 

常に無意識に筋肉を稼働させているので

 

身体が冷えないんです。

 

一方、インナーマッスルのない人はデスクワークなど、

 

じっとしている時は、身体の筋肉を稼働させていないので

 

冷えてしまいます。

 

また、インナーマッスルのない人は、骨格・骨盤を支え続けることが

 

出来ていないため、頭部が前方変位して肩も前へ巻き込んでしまってます。

 

そのため頭の後部の筋肉や肩や背中の筋肉にストレスが掛かり続け

 

コリや、張りを生じてしまいます。いずれそれらは筋膜間のスペースを狭めてしまう事となり

 

血流障害から緊張性頭痛を起こすことがあります。

 

また眼精疲労を感じるようになってしまう可能性が高いです。

 

 

患者様のご症状にもよりますが、マッサージで一過性に身体が楽になり、

 

時間の経過とともに、また症状が戻ってしまった経験はないでしょうか?

 

それは、慢性症状を一過性に抑えているだけなのです。

 

痛いところに湿布を張ったり、鎮痛剤を飲むのと一緒です。

 

『風邪をひいたので、薬を飲む』

のと一緒で

 

『体力がないと、風邪をひきやすい』

んです。

 

当院では、インナーマッスルが

 

あるのか、ないのか?

 

ずーっと、しんどい症状を

 

なぜ繰り返すのか?

 

はっきりと、ご説明いたします。

 

 

『自分の事を知るのは、大事ですから』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿日:2018/05/23

記事一覧

お電話こちら
TOPへ戻る