スタッフブログ

手根管症候群  手指の運動制限

こんにちは。

大阪市中央区

北浜 堺筋本町 淀屋橋

整体 鍼灸 こころ整骨院

院長 山本です。

当院には、手首の動作時痛や手のこわばり、

指の動きがぎこちない事、痛みを感じるといった

方の来院も多いです。

まず、手根管症候群の解剖的基礎ですが

外在指屈筋腱は正中神経と共に手根管を

通過しますが腱は滑膜性腱鞘によって

包まれ、摩擦の軽減をうけていますが

手関節の頻繁な動きや長時間一定の肢位

により滑膜が腫脹し正中神経を圧迫して

手根管症候群を発症することがあります。

正中神経領域(主に親指)に痛みと

感覚異常を感じます。

手を握る時の動作など

終末域内圧が高まるときに

症状が増大します。

手根管症候群は長時間の

パソコン作業ではキーボードの

タイピング作業で運動低下を

感じる方もいらっしゃいます。

症状が進んだ場合はステロイド療法

を行うこともあります。

当院では介在筋へのアプローチと

手関節の関節包内矯正により

手根管の環境を正常な状態に

整えていきます。

日常生活での、例えば瓶のふたを

あける動作や、布団を干す時に

手を強く握れないといった症状が

軽減される方もいらっしゃいます。

それから、手指の細かい動きや

動くスピードが鈍いといった方の症状は、

確実に寛解されています。

先日、ギターを弾かれるのが趣味の

患者様は親指、人差し指、中指の動きに

制限があり、関節包内矯正を行いましたが

施術の反応が良く、練習の時に先生から

『最近、指の調子がいいの?』

と言われたそうです。

私たちは、患者様のお話をお伺いし

症状や、制限を受けている動作を

どこまでは施術によって改善できる、

出来ないをお伝えいたします。

もし、レントゲンを撮り、薬で様子を

見ましょう。と言われて

何も変わらないのであれば

一度、当院で施術を受けられるのを

お勧めいたします。

投稿日:2016/12/14

記事一覧

お電話こちら
TOPへ戻る