スタッフブログ

ストレスホルモン

大阪市中央区

北浜 堺筋本町 淀屋橋

整体 鍼灸 こころ整骨院 巴山です。

 

 

『ストレスホルモン』をご存知でしょうか?

 

身体はストレスを感じるとそれに対応するために

腎臓の上にある副腎という所から副腎皮質ホルモン

を分泌します。

 

本来、動物のストレスとは天敵に襲われそうになる

ときでありそのために分泌される副腎皮質ホルモン

(特に糖質コルチコイド)は血糖値を上げて各器官に

エネルギーを送り、怪我をしても炎症を抑えるために

抗炎症作用を起こしたりします。

 

ただ人間の場合は一時的ではなく長期に及ぶストレスが

かかるのでこのホルモンが出続けてしまいます。

すると血糖値が高くなったり、免疫力が低下したりします。

さらにはそれにより副腎自体の働きが低下し

だるさが取れない・動けない、うつなどの症状を引き

起こすこともあります。

 

筋肉の緊張があると精神的興奮状態が続くので

リラックスできていないということです!

当院での治療で定期的に筋肉の緊張

(特に首・背中・腰)を取ることでストレス状態の身体を

リラックスさせてあげましょう!

そうすることで副腎の負担を減らしてあげましょう!

 

 

投稿日:2017/07/19

記事一覧

お電話こちら
TOPへ戻る