スタッフブログ

インナーマッスルと姿勢の関係性

大阪市中央区

北浜 堺筋本町

淀屋橋 御堂筋本町

整体 こころ整骨院

院長の山本です。

 

みなさん、インナーマッスルとは

何かをご存知でしょうか?

インナーマッスルとは赤筋(持久力筋)の割合が

多い筋肉のことをいいます。

主に背骨や骨盤周りに多く、

骨格を支える働きをします。

インナーマッスルは、骨の長さの成長が

止まった時をピークに、一年に1%ぐらいの

割合で筋力低下していきます。

その結果、骨格、骨盤を支え続けられなくなり

姿勢が悪くなっていきます。

姿勢の悪さは、筋緊張や酸欠。

自然治癒力低下や自己免疫力の機能低下にも

影響します。

リラクゼーションやマッサージで

一時的にコリや張りがとれても

症状が繰り返し根本的に治らない理由はこういうことです。

こころ整骨院のコンセプトは、

実際にある外側の(アウターマッスル)の

コリや張りを鎮めて、

原因となるインナーを作り込み綺麗な姿勢を

取り戻し、再発することなく

日々健やかに生活していただくことです。

 

当院でインナーマッスルを手に入れられた方は

『今まで長い間痛かった腰痛を感じなくなった』

『頻尿や尿漏れがなくなった』

『そういえば最近、頭痛のお薬を飲まなくなった』

『健康診断で、内臓脂肪が減った』

『血圧が下がった』

などなど、皆さんの方から話されてこられます。

 

慢性的な症状のしんどさ解消や、

ゴルフのパフォーマンス向上などを

お望みでしたら、身体の根幹となる

インナーを鍛えましょう。

まずは、皆さんがどのぐらいインナーが

有るのか無いのか検査から行います。

姿勢が整うと、頭も眼もスッキリしますよ。

 

 

 

 

 

 

投稿日:2018/03/02

記事一覧

お電話こちら
TOPへ戻る